仙台を拠点とする『特定非営利活動法人 日本・ネパール文化交流倶楽部』Japan-Nepal Cultural Exchange Club

理事長・副理事長ご挨拶 (平成25年7月 NPO法人設立記念式典挨拶より)

【理事長】サンジブ・アリアル

私はネパールの自給自足の村で生まれ16歳になるまで裸足で生活をしていましたが、20代に来日し、今日に至るまで本当に様々なことを経験し、多くの方に助けられながらやってきました。

5歳の時に村で初の小学校が開校し、中学校、高校はその当時なく、小学校卒業後1年待って中学校が出来ました。他の子供と違って、4,5歳のころから神主だった父親に文字は教わりました。
中学を卒業すると、同級生は町の高校へ行かせてもらえたんですが、私の家は経済的理由により行かせてもらえませんでした。
それでも学校へ行きたくて16歳で家出し、初めての町で自ら住み込みで働きながら通学できる環境に出会いました。
一つの家族の家の料理や掃除の仕事を昼間しながら夜間の高校へ行かせてもらっていました。

その頃から今日まで、ネパールでも日本でも、人に助けられ、信用してもらい応援してもらったお蔭で商売もこの日本・ネパール文化交流倶楽部もやってこられたと思っています。
自分のこういった経験から、中学さえ出れば、自分で道を選ぶ勇気と判断力が身に付くと思います。
その為に学費支援では最低中学までの支援をお願いしています。

どこの国でも言えることですが、生きている時代と環境が変わっているのに、親の考え方や“ものさし”は子供の夢や将来に大変な影響を与えます。
日本を見ていると、子供の夢を最初につぶすのは親ではないでしょうか。
ネパールの農村の教育を受けなかった親たちは、毎年受け取る子供の支援金で残る、300円程度のお金で自給自足の生活に少しの余裕ができます。
そんな環境でも子供は、中学校まで教育を続けることで知恵を得て、親が考えられるより大きな夢を見て挑戦する心が育つのではないかと期待しています。

では、なぜ私がGive and Give(ギブ・アンド・ギブ)を信念として持つ様になったか。

今まで旅行業、英会話、貿易、飲食など様々な仕事に携わり大勢の人と出会い、瞬時に考える力、人の心を読む力、信頼関係を築き、応援してもらえる仲間を作る力などを培いました。この力をどうやって使うか、と考えた時Give and Giveしかないと思ったんです。
ネパールの田舎から来た私から見ると、ビジネスでは常識のギブ・アンド・テイクは、元々日本人にはない精神ではないと思います。
建前や見栄で仕方なくやっているが、してあげた後に見返りを期待するので常に心配し、忙しく、人生をつまらなくしている原因の一つではないでしょうか。
常に明るい顔をしている日本人は本当に少ないです。
仕返しもお返しも同じの様に感じます。

一人で学費支援していた時ネパールツアーに参加した会員さんに「みんなの力を借りてやればもっと助けられるよ」と言われたのが学費支援事業のきっかけで、見返りを求めずに与えるだけでどれほど人生が楽しくなるかと、会う人会う人に説き続けています。
今日、日本人が大好きなネパール人として、色んな縁で私の様にちょっと変わった人間に出会い、こうして集まっていただけたこと、本当に感謝すると同時にこれからも応援よろしくお願いいたします。